ホーム » 「がま口財布」の魅力。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    「がま口財布」の魅力。

    「がま口財布」というと、昭和のお母さんのイメージ。しかし、実際は明治時代にヨーロッパから入って来た舶来品。「がま」の名はガマカエルの口がパカっと開く様子に似ているから。この「手作り財布」今、若い女性の間で、ちょっとした人気とか。革で出来たシックな「がま口財布」は男性が持ってもオシャレです。

    「がま口財布」のモノとしての魅力

    「がま口財布」のモノとしての魅力。それはなんといっても、その形でしょう。ヨーロッパと日本の伝統が融合して生まれたその愛らしい形がなんともいえません。また、カドがなく丸っこい形が、ポケットからサッと取り出せて良いという人もいます。パカっと開くがま口も、ユーモラス。また、「がま口」の、パカっと開くときの、ぱちんと弾ける音が好きという人も。一般的な長財布や二つ折りの財布に比較すると今は一般的ではありませんが、その存在感はなかなかのものです。革で作られた、レトロな雰囲気をかもし出す「がま口財布」は、男性が持っていても違和感がありません。むしろ、オシャレです。他の人とは違うものと持ちたいと思う男子にとっても「手作り口財布」はうってつけのアイテムです。

    「手作り口財布」の機能性の魅力?開閉が楽にできる

    もちろん、「がま口財布」の魅力はデザインだけではありません。「がま口」は、お財布に限らず、バッグ、ポーチなど、どんな形態のものでも、ぱちん!と口金ひとつで簡単に開け閉めできるのも魅力のひとつです。長財布等ですと、小銭を入れる部分がジッパーになっていて、その開閉には、端から端まで手を動かさなければなりません。ちょっとした手間に思えますが、急いでいる時など、ジーっとジッパーを開けるか、もしくは、カパッと「がま口」を開けるかではそのスピード感の違いに驚きを覚えるでしょう。ワンステップで開け閉めができて、すぐに中のものを取り出すことができるのは時短にもなります。限りある人生の貴重な時間。「がま口財布」を使うことで、より大切にできるかもしれませんね。

    「がま口財布」の機能性の魅力?中が広くて見やすい

    「がま口財布」は、開閉が楽なだけでなく、出し入れもしやすい作りになっています。まずは、開いた時に中身がとても見やすい。さらには開口部がガバっと開くので、お札や小銭が取り出しやすいのです。カード類の収納に関しては弱い部分がありますが、むしろ、無駄にカードが増えなくて済む、と考えることもできなくはありません。また収納力は他の財布と比較してもとても高いです。ですから、小銭と一緒に鍵を収納したりすることもできます。また、財布としての通常の使い方のほかにアイデア次第でいろいろな使い方ができます。アクセサリー、イヤホン、チケットなどなど、細かなものの収納にも「がま口財布」は活躍することでしょう。いざ使いたい時に見つからない。そんな小さなものを入れるのもおすすめです。