ホーム » 手作り財布の種類や選び方

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    手作り財布の種類や選び方

    手作り財布はお金を管理する大事なアイテムでもあり、ファッションの一つでもあります。財布には様々な種類や形があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。ここでは、財布の選び方についてどがいいのかを書いていこうとおもいますので参考にしてくださいね。

    長財布のメリットデメリット

    手作り財布にはまず長財布があります。長財布のメリットの一つ目は、収納が多いことです。二つ折財布より収納が多いので、常に増えていきがちなポイントカード、クレジットカードなどをすっきり収納できます。二つ目は、中身がみやすいことです。会計の際にお金の出し入れがしにくいと恥ずかしいですよね。その点、長財布は一目で中身がわかるので、お金がスムーズに取り出しやすいのでとても便利です。三つ目は、お札を折り曲げずに収納できることです。お札を折り曲げてしまうと、少し残念な気持ちになりませんか?また、急な冠婚葬祭で新札が必要なときにはとても便利です。デメリットとしては、長財布を入れる鞄が必要なことです。小さめの鞄だと入らないので、財布に合わせて鞄を用意しなければなりません。小さい鞄でお出かけした方にとっては不便と感じるかもしれません。

    二つ折り財布のメリットデメリット

    次に二つ折り手作り財布のメリットデメリットを書いていきます。まず、メリットは、形がコンパクトですので、財布の大きさにとらわれずに鞄を選択できることです。ショッピングに行く際、帰りの荷物のことを考えると、なるべく軽装で行きたいですよね。そんな時、二つ折り財布だと、小さなポシェットにも収納できるので、小さな鞄で身軽にショッピングを楽しむことができます。また、男性なら、財布だけもって外出するということもあるのではないでしょうか。二つ折り財布ならズボンのポケットにも入るので、鞄さえももたずに外出することができます。次にデメリットですが、財布の傷みが早いということです。二つ折り財布は、その名の通り二つに財布を折ってあるので、財布の折り曲がっている部分が割れてきたり、そこから破れてきたりします。また、ズボンの後ろのポケットに入れたまま座ったり、立ったりしますので財布を押しつぶしてしまいます。

    コインケースやマネークリップについて

    財布には小銭だけをいれるコインケースやお札だけを入れるマネークリップもあります。自動販売機でよくジュースを買う人や、タバコを買う人は小銭をよく取り出します。また、小銭はいつのまに増えていき、小銭をいれる部分だけがパンパンになってしまいます。そのような場合、コインケースに小銭を入れておくと貯まった小銭も取り出しやすいですし、コインケースは開き口が広いのでとてもみやすいです。また、お札を持ち歩きたいが財布を持つのは重たい。ポケットに入れておくのは不安という方には、マネークリップがお勧めです。カードを収納するものもありますので、お札だけでなくクレジットカードやポイントカードも簡単に持ち歩くことができます。このように、普段の生活の中で、どの種類のお財布が便利なのか、大切な方にどんな財布をプレゼントしたら喜ばれるのかを考えながら選ぶと選びやすいでしょう。